中華料理のあわせ調味料と家庭での使用

家庭で手軽に中華料理が作れるようになったのは

一般家庭で中華料理が手軽に作れるようになった理由として、あわせ調味料が家庭に流通するようになったからといわれています。
それ以前にもテレビやラジオの料理番組で中華料理の紹介をしていましたが、家庭にあるものを応用して作ることが多かったため、どうしても本場の味とは似て非なるものでした。
また、中華用の調味料を取り扱っている店舗は少なく、本格的な調味料を取り寄せるにも当時はインターネットさえなかったため、東京を中心とした一部の地域に旅行に出かけるなどして買うしかなかったため、一般家庭に中華料理用の調味料が流通しているとは言いづらい状況だったのです。
中華料理用のあわせ調味料は1978年に販売され、爆発的な人気を誇りました。
家庭で1回分の中華料理が作れること、中華料理用の調味料を買わなくても本場の味に近い味を楽しめること、夕飯の献立を考える必要がないことから主婦の間で人気を博したといわれています。

現在一般家庭で多くあるとされる中華の調味料

あわせ調味料を定期的に使い続けることによって、次第に自分達で合わせ調味料を作れるようになりたいと考える人が増えた結果、本格的な中華調味料が一般のスーパーマーケットでも流通するようになりました。
現在では定番といわれている中華の調味料は手に入るようになり、過程にそろっていることも多くなっています。
中でも定番としておかれるようになったものが、ラー油です。
ラー油は餃子を食べるときに利用する人が少なくありませんが、料理にも使えることがわかってからか、ニーズが増えています。
本格的な味ではなく、ちょっとした中華風に仕上げたい時に便利です。
特に春雨サラダに一振りすると、中華風味が増します。
また、オイスターソースを取り入れている家庭も増えました。
利用範囲が広く、炒め物やスープなど、シーンを選ばずに利用ができるため、一瓶置いている家庭は多いです。
辛いものが好きな家庭であれば豆板醤を置いていることも少なくありません。

一般的に作る頻度の高い中華料理

最も多いのは餃子だといわれています。
日本でも比較的早い段階から家庭で作る人が多いものとしても有名で、最近ではホットプレートに一面餃子を作って焼く家庭も増えてきました。
それ以外では麻婆豆腐やエビチリ、シュウマイ、チンジャオロースなどが上位にランキングされています。
また、チャーハンも早く定着した中華料理の一つです。

広島駅前やアルパークで美味しいラーメンが食べられる中華飯店