中華料理の調味料

中華料理の調味料

世界三大料理の一つに数えられる中華料理。長い歴史と伝統を持ち、世界中で愛されていますが、そんな中華料理の特徴の一つに調味料の豊富さがあります。
特に「醤」は種類も豊富で、まさに中華を象徴する、中華特有の調味料と言うことができるでしょう。
今回はそんな「醤」の中でも特にメジャーなものをご紹介したいと思います。

・豆板醤
四川料理、いわゆる激辛系中華には欠かせない超メジャーな調味料です。
日本でも馴染み深く、普通にスーパーでも買うことが出来ますね。
原料はトウガラシとソラマメです。
真っ赤な見た目通り辛味をつけるのに用いられ、麻婆豆腐や海老チリなどに使用されます。

・XO醤
複雑な味わいが調和した中華の真髄とも言える醤です。
金華ハムや干しエビを始めとする数々の食材を熟成させた調味料で、炒め物やチャーハンなどに少し加えるだけで、驚くほど味に奥行きが生まれます。
ゴージャスな材料を使用しており、そのまま食べてもとても美味しいです。

・甜麺醤
こちらはいうなれば中華版の甘味噌ですね。
小麦粉を発酵させたもので、コクのある甘みが特徴。
色はかなり黒っぽく、「北京ダックにつける味噌」といえば多くの方がイメージできるのではないでしょうか。
回鍋肉がちょっと黒っぽく、甘い味付けなのもこの甜麺醤を使用しているからなんです。

いかがでしょうか。
日本でも有名なものを3つご紹介しましたが、一口に「醤」と言ってもそれぞれ全く異なった味と魅力を持っており、中華の奥深さを感じることが出来たかと思います。
もちろんこれはほんの一部に過ぎず、メジャーなものでも十種類以上の醤があります。
自分で中華を作るときにも本場の醤を使用すれば本格的な味を再現することができるので、是非試してみて下さい。スーパーなどで売っていないものは、東京の輸入食品のような食材業者から仕入れることが出来ます。