中華の高級料理に使われる珍しい食材

中華の高級料理に使われる珍しい食材

世界三大料理の一つである中華料理。そんな中華料理の中でも、硬球中華料理と呼ばれる物には、何処の店でも大体同じ食材が使われています。硬球中華料理と聞いて、一般的に思い出され食材と言えば、フカヒレや燕の巣、アワビといった所でしょうか。高級というだけあり、どこのお店でも一人前で数万円の値段を付けています。他にも、これらはあくまで代表的な物であり、中国では他にも高級料理の食材として様々な物が存在しています。
中華料理の高級食材というのは、基本的に乾物となっている物が多くなっています。先に挙げたフカヒレや燕の巣、アワビなども全て乾貨と呼ばれ生の物よりも高級な物として扱われます。他にも、干しナマコや干し貝柱なども高級食材の一つとして珍重されています。日本ではあまり食べられることはありませんが、キヌガサタケや雪哈というのも存在しています。

浜松市の中華料理にはこういった珍しい食材が使われていることも多く、未体験の味や食感で我々を楽しませてくれるのです。